MIOX SAFETY

HOME | MIOX SAFETY

注目の「MIOX」(マイオックス)

コロナウィルスから身を守る為に、色々な除菌剤を探していると、「MIOX」を目にする事が増えてきました。この記事では、 除菌効果や安全性について、徹底解説致します。



 

INDEX


・MIOXの成分は、混合酸化剤(Mixed Oxidants)
・MIOXは水と塩から生成しています。
・MIOXがは、次亜塩素酸水と比較して安全?
・ 次亜塩素酸水より塩素の放出量が少ない
・ 有害な副産物が少ない
・MIOXに効果の持続性があるのか?
・MIOXは、除菌速度が早い
・塩素剤の代替品としてプールの除菌剤として利用
・MIOXは、安全性が高い除菌剤

MIOX除菌剤は、 新型コロナウィルスにも有効と、ご存知の方もいらっしゃると思います。メディアなどでも非常に多く注目されています。 MIOXとはどういった除菌剤なのでしょうか?

次亜塩素酸水の散布でも、 理論上除菌はできるけれども、 人体に対して有害作用があるのではないかと考えられています。 現時点では、厚生労働省や経済産業省などが、 次亜塩素酸水の空間除菌は避けるように通達も出ています。もちろん、正しい使い方をすれば、次亜塩素酸水も食品の殺菌等で利用する事が出来るので、間違えた使い方はNGという事です。ただし、食品に残留させてはならない等の注意書きもあるので、人体に対する影響については、用心しなければならないですね。



それでは、MIOXは散布しても健康に害するすることがないのでしょうか?この記事では、MIOXの成分を説明した上で次亜塩素酸水との比較を通し、安全性を考えていきます。

MIOXの成分は、混合酸化剤(Mixed Oxidants)

混合酸化剤は、複数の酸化性物質の混合物であり、その酸化力によって新型コロナウイルスを含む各種ウイルスや細菌等の有害な微生物を除菌する為に活用されています。なぜ、混合酸化剤にする必要があるのか?という点について、不思議に思われるかも知れません。MIOXの除菌メカニズムを確認すると、以下の3つの要素があります。

1、MIOXに含まれる塩素の効果(酸化にて処理する)
2、MIOXに含まれる第四級アンモニウム化合物(細胞に必要なタンパク質を変性して処理させる)
3、複数の除菌メカニズムが複合(酸化性と非酸化性が相乗的に組み合わされる)し、細胞壁を貫通させ、そこに酸化性攻撃を行う事で、スピーディーに処理される仕組み

除菌剤として注目されているMIOXが、これだけの攻撃力を持っていると、人体に有害なのではないか?と性質について気になるところだと思いますので、この点について次に詳しく解説します。

MIOXは水と塩から生成しています。


MIOXは、水と塩から電気分解によって作られています。水は不純物の少ない純水に近い安全な水と、特別に精製された塩化ナトリウム(食卓塩と同じ成分)を組合わせて製造しています。共に飲んだり食べたりする事が出来る成分を特殊な電気分解処理する事で、強力な除菌力を持つ混合酸化剤(MIOX)が生み出されます。

電気分解により、生成されたMIOXは、「オゾン」「過酸化水素」「二酸化塩素」「塩素」「スーパーオキサイド」をすべて含む「中間エネルギー体」として誕生します。主にスーパーオキサイドが全体の50%を締めています。
 

出典:日本救急医学会



スーパーオキサイドは、ラジカル種の強力な酸化作用を持つ活性種です。しかしながら、強力ではありますが、短期間に効果を発揮した後は、除菌効果を生み無害化する性質を持ちます。
 



そして、スーパーオキサイドは、アルコールでは除菌しにくい外殻を持たない「ノロウイルス」等のノンエンベロープウイルスや、バイオフィルムを持ち処理しにくい細菌にも非常に有効性が高く、新型コロナウイルスに対してMIOXが有効と米国での発表もあり有効性の根拠が十分に揃って来ました。

MIOXは、次亜塩素酸水と比較して安全?


MIOXの方が次亜塩素酸水より安全性が高い事がわかる根拠が多数示されています。代表的な5つの観点から、MIOXが除菌剤として有効であり、そして安全である事の解説を致します。

1、次亜塩素酸水より塩素の放出量が少ない

MIOXは次亜塩素酸水よりも散布時の塩素放出量が少ないことが証明されています。 高濃度の塩素ガスを直接吸引すると、 喉が痛くなったり、頭痛や吐き気、不快感等、 様々な悪い影響が発生します。 また目や鼻など粘膜への刺激性もありますので、 次亜塩素酸水を使用する際に注意しなければいけない点です。

MIOXは、塩素ガスの発生は極めて少なく、 次亜塩素酸水に比べると安全性が高いと考えられます。

2、有害な副産物が少ない


MIOXは、 次亜塩素酸水を電解処理して散布するのに比べて、有害物質の生成量が少ないことが証明されています。 次亜塩素酸水を使用すると、臭素酸やアルデヒドの発生によって、 不快に感じる匂いが問題になるのが通常ですが、MIOXは有害性を指摘されている臭素酸やアルデヒドは、極めて微量しか発生しません。

次亜塩素酸水を電解処理した時にトリハロメタン(発ガン性物質)を発生する事が知られています。また、塩素消毒は有機物との反応によりトリハロメタンが生成されますが、MIOXではトリハロメタン等の発ガン性物質を生成しません。

上記の通り、 MIOXでは次亜塩素酸水を使った時に問題になる有害副産物が少ないため、安全性が高い除菌剤として非常に注目を浴びています。

3、残留性がない?

MIOX散布後に 長期間除菌効果を維持する事はできません。 これは、除菌メカニズムに関係しますが、除菌完了後には無害な物質に変化してしまいますので、 除菌完了後に長期間の効果があると言う事は言えません。逆に考えると残留性がありません。次亜塩素酸水は、生成方式によっては塩分が残りますが、塩分だけでは期待する効果は生まれません。

継続的に除菌効果を期待するように利用するには、継続的にMIOXを超音波式加湿器等で噴霧すると良いでしょう。

4、除菌速度が早い


MIOXは除菌できるウィルスや細菌が幅広く、 最近問題になっているウィルスの変異種等もウイルスそのものである構造を破壊する為に、処理する事が出来ると考えられます。そして、塩素系の処理と非塩素系の処理を組み合わせる事で、「塩素」の「5〜7倍」の除菌力と「3,500倍」の速度で処理出来るのもMIOXの特徴です。

塩素剤の代替品としてプールの除菌剤として利用


プールでは、塩素消毒が行われていますが、一般的には次亜塩素酸ナトリウムを使用しています。しかし、塩素消毒は目も痛くなりますし、製品の管理にも十分きをつける必要があり、透明度も落ちてしまいます。そこで、MIOXが安全であるという点と、MIOXにアンモニア分解能力もある事からプールの除菌にもMIOXが使用され、日本水明連盟の推薦も受けています。MIOXを使用した結果、透明度の高い水と、刺激が少ない水になり塩素よりも綺麗な環境で遊泳出来るようになりました。

アンモニアは、プールの異臭の原因であり、過去にマスコミが調査したところ、多くの共同浴場やプールでアンモニアが大量に検出されたとニュースになったこともあります。想像するよりも多くのアンモニア(尿に多く含まれています。)が含まれている場合が多く、MIOXを利用する事で衛生管理上大変に良い結果を生みだしています。

このように、人が直接肌に触れても、口に入っても安全性が高いので、公共プールや学校等の公共施設でも導入されており、安心して利用出来る除菌剤と考える事が出来ます。

MIOXは、安全性が高い除菌剤


MIOXは、身近な水と塩から特殊な電気分解により作られます。スーパーオキサイドを中心とした複数の混合酸化剤で、酸化機能と非酸化機能が組み合わさり相乗効果によって塩素の「5〜7倍」の殺菌力を「3,500倍」の速度で行う力を持っている事が特徴です。

有害物質も発生させず、発ガン性物質も発生させない安全なMIOXは、プールの除菌剤として塩素消毒から置き変わっている等、信頼性の高い除菌剤として注目されています。

MIOXは、新型コロナウイルスにもインフルエンザにも有効であるとされており、施設の空間除菌及び接触感染防止の為の除菌をしたい場合には、安全性が高く優れた除菌能力とスピードがあるMIOXを使う事が一番ベストな選択肢になるのではないでしょうか?